採用情報

ホーム > SAP ERPソリューションライブラリ > リース資産管理ソリューション IFRS16号対応版

SAP ERPソリューションライブラリ

リース資産管理ソリューション IFRS16号対応版

リース契約情報を登録するだけで一元的な契約・物件管理を実現日本・IFRS両基準にも同時対応します

国際財務報告基準(IFRS)の最新基準であるIFRS16号リースが、2019年1月から始まる事業年度からいよいよ強制適用になりました。現在のSAP ERP6.0およびSAP S/4HANAの標準機能での対応は難しく、外部ソフトで計算した情報を会計伝票で登録するなど、非常に煩雑な作業が必要になります。

「リース資産管理ソリューション」は、リース契約情報を登録するだけでリース資産の一元管理、リース会計処理の自動化が可能です。この度、日本基準とIFRS両方に同時対応し、皆様の業務の効率と正確性をさらに向上させるソリューションとしてアップデートいたしました。SAP ERP6.0とSAP S/4HANA両方に対応いたします。

IFRS16号リース強制適用により、リース処理が変わります。

IFRS16号リースでは、ファイナンスリースとオペレーティングリースの区別がなくなり、すべて貸借対照表上に「使用権資産」と「リース負債」を認識します。従来のリース契約対象に加え、不動産賃貸借契約なども対象になり、さらには日本基準とIFRSで使用権資産の金額評価方法が異なるなど影響が大きく、早期対応が必要です。

こちらでさらに詳しく解説しています

IFRS16号リースの強制適用により、非常に煩雑な作業が発生します。この悩みソフテスのソリューションが解決します!

「リース資産管理ソリューション IFRS16号対応版」の特徴

「リース資産管理ソリューション IFRS16号対応版」は次の4つの特徴で、IFRS16号リース強制適用に関わる業務を効率化いたします。

  • リース契約の一元管理
  • リース関連処理の効率化
  • 複数会計基準への対応
  • 豊富な機能とサービス

1.リース契約の一元管理

従来のファイナンスリース・オペレーティングリースや、今回から対象になる不動産賃貸借契約など、あらゆるリース契約を資産マスタに登録することで、一元的に契約管理・物件管理を行います。また、資産・債務の残高管理も一元的に行うため、財務会計とリース取引を統合した情報管理が可能になり、財務会計データの網羅性、透明性が高まります。

[リースマスタ一括登録イメージ][リースマスタ一括登録イメージ]

2.リース関連処理の効率化

ユーザが行う作業は資産マスタを登録するだけです。ファイナンスリースの判定や割引資産価値の算出、資産・債務の計上、未払い消費税 の計上は全て自動処理されるため、業務効率や正確性が向上します。

[自動処理イメージ][自動処理イメージ]

[リース資産の再評価も簡単]
契約の延長/停止や契約内容の見直し、経営計画の変更により見込んでいた契約更新の見直し等があった際、その都度リース資産の再評価が必要です。「リース資産管理ソリューション IFRS16号対応版」は元の資産データの変更箇所を直すだけで、再評価後の評価額を自動計算し、適切に会計伝票を転記します。

評価額は自動計算されます

3.複数会計基準の元帳管理への対応

日本基準、IFRSそれぞれの会計基準の転記制御が行え、双方の元帳管理が可能です。日本基準ではオペレーティングリースの賃貸借処理、IFRSでは使用権資産の計上という契約も、それぞれの会計仕訳が自動起票されます。

3.複数会計基準の元帳管理への対応

[自社は日本基準、連結決算はIFRS…そんなときも]
例えば自社は日本基準、親会社はIFRSで会計処理を行っている場合、連結決算作成時には自社のIFRSの財務情報が必要です。「リース資産管理ソリュー ション IFRS16号対応版」は日本基準は会計転記する一方、IFRSは未転記の状態で仕訳情報を生成することもできるため、外部出力も可能です。

3.複数会計基準の元帳管理への対応

4.導入実績に裏打ちされた充実した機能と手厚い導入サポート体制

2008年4月期リース会計基準の適用以降、ソフテスのソリューションは多くの大手企業様で導入、ご利用いただいております。当ソリューションは、これまでの導入企業様の実務要件を取り込んだ豊富な機能を装備しており、導入経験や会計業務知識が豊富な弊社コンサルタントが対応しますので、短期間でスムーズに導入、安心してご利用いただけます。

[ソフテスのソリューション5つのポイント]
[ソフテスのソリューション5つのポイント]

[標準的な導入スケジュール]
ご契約から本稼働まで3~4ヵ月で導入プロジェクトを進めます。

[標準的な導入スケジュール]
※導入期間はお客様の状況によって異なります。具体的な日程計画は、お客様の個別の事情・開発の要件などを考慮して、事前準備の段階で決定します。

[機能概要]
SAP機能にアドオンするため、新たに別システムを導入することなく容易に利用することができます。

[機能概要]

リース資産管理ソリューション IFRS16号対応版に関するお問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ。ぜひソフテスに相談ください。053-450-3188
  • Webからのお問い合わせ。お問い合わせフォームへ。
ホーム > SAP ERPソリューションライブラリ > リース資産管理ソリューション IFRS16号対応版

Pagetop